残り500日

そもそもその 500 日っていうのはいつに対して 500 日かってことなんですけども、私のえー 45 歳の誕生日の次の月の月末えーというのがえーに辞める日というのを設定していましてえ。

なんでその次の月の月末かって言いますと、あの最後ええと会社って辞める時にまあ有給とかえー使って辞めたりするじゃないですか。でええとそう考えるとええと誕生日にで 45 歳になった。あとに、まあ有給を使って。

まあ、 1 ヶ月ぐらいええと会社お休んでま会社を退社するって言うなことですので、ええとなのでえっと。そもそも 45 歳というところまでをサラリーマンのええと活動をしてくっていうような方で決めてきたということで、えっと 43 歳の途中でですね。

それを思いついてスタートしたというようなえーことです。でええと残り 500 にしてことで、あのーあっという間に過ぎてきたなっていう風に思うんですけども。あのーであのスタートした時とここの考えが考えをした時と少し変わってきたところがありまして。

ええとそのリタイヤまでの 600 日間っていうと、そのまるでそこがゴールのように感じてしまうと思うんですけどもえーゴールリタイヤそのものっていうのは全然あのゴールじゃない。もちろんゴールドはなくてスタートだと思ってまして。

あの、何に向けたスタートかって言った時にいたから、時間ええ自由な時間を過ごすことってことなんですけども。じゃあ今がそれを感じてないのかって言うとそんなことないなくてですね。あの、もちろんなるべくなるべくっていうのも変ですけども、あの自分自身がより充実した時間を過ごしていきたいという風にええ、思って過ごしてるわけですけどもあのー、この 500 日間とか 600 日間のプロセスえーを皆さんええと共有させていただくことで、ええと何か共感できる部分があったりするといいなっていう風に思っています。

あのサラリーマンを続けながら、副業をしたりとか、あのサラリーマンえーということを立場をま手放していくときのええ多少ないともの不安だったりとかま、実際にサラリーマンを手放した後のま実感だったりってことを。

その後はお話をしていきたいと思ってますし、あの実際にあの働き方ってものが、今はそのサラリーマンを止めるってことで、僕の時点では考えてるんですけれども、もしかしたらあの働き方っていうものがもっともっと進化をしていってええとサラリーマンではなくて、同じ会社に例えば業務委託みたいな形で継続をしながらま週 5 日間とかよりももっと短くってことを考えていきたいと思います。

けれども、そういった形であの継続していくかもしれないし、その辺がそういう風にあの自分の中で変わっていくのかってことをお話できればまあ共有できればなという風に思っています。

はい、でええと一方、そのスタート時点が 600 日だったんですけども、えっと今 500 日ってことでカレンダーがなってまして、ええとすごくあっという間だったなっていう風に思っています。この 100 日間っていうのがでええとまで同時に思ったのが、その起源というものを自分で切ったのはすごい良かったなという風に思ってまして。

私自身はこの日にちをどういう風に毎日知ってるかと言いますと、あのカレンダーを見て日々数えたりするわけでなくて。あの B 4 って言うですね。あの僕あの Android 使ってるんですけども。 Android のアプリでありまして、 the Daily for っていうもので、あのーどっか日程を選択します。

と、そこに向けてええと勝手にカウントダウンをしてくれて、携帯を開くたびにあの何でしょう? 上のポチッと上からこう。スライドして携帯でやるとええと 500 に時間みたいなええと 500 日えーみたいな形でサラリーマン 2 体まで 500 日ってことが自動的に出るようにしています。

で、それを使ってるんですけどもええとこのじゃあ 100 日間ええとどんな感じで過ごしてきたかな?っていう時にほぼあの休んでる。みたいな日はほぼ無かったかなっていうような感覚があります。で、まあ、じゃあワークホリックかって言うと、まあそんな感覚でもなくて、あの仕事と遊びの境界線が無くなってきたなっていうのがえー感覚があります。

では、ここまあ何が遊びなのか? 何か仕事よく分からないよなえ状況なんですけれども、自分が一番気になることだったりとか勧めたいという思 – 物があの俗に言うま仕事とも呼べるものなんですけども。

あのその中にあの会社員として働いてる仕事の割合っていうのはどんどんどんどん小さくなってるようなえー。感覚がありますか? といって、この会社の仕事をまおろそかにしてるというようなえー感じ感じというか、その意識はないしええ。

むしろ 1 年前よりも今の方が仕事に対してすごく。あの力を入れてカシオとっていうのは会社の仕事に対してサラリーマン仕事を頑張ってるよなっていうような感覚すらあります。で、えーアドレスは次にこの 100 日間えで始めたことの中で一番良かったことが今お話ししてるラジオの発信を始めたことです。

で、あのはじめ、あのブログとかラジオを始める時に何でしょう? まずはまあ新しいことやりたいってことで始めてみたっていうのはあるんです。だこうなんかまあ始めはこうえっとースケベゴコロって言うんですかね。

あの、最終的にこう収益化みたいなことがあったりするのかなとかなんかですね。あと音声メディア来てるよ。みたいな形のちょっと何て言うんですか? 横島な思いも少し有りながら始めたっていうのがあってまよく分かんないで始めたのもあるんですけども、今は純粋に発信したいという気持ちの方がま強くなってきてます。

でまこれを通して、あの何かしら? のええと重いの共有みたいなものができたりとかえーその自分の気持ちというのがま、誰かのえっと励みになったりとか、えっとーまあなんでしょうね。共感を得られればいいなっていうような気持ちで、本当に純粋な気持ちというのが、どんな強くなってきてるかなっていう風に思います。

はい、でええと。あとですね。あのサラリーマンをリタイヤするってことを前提としていたので、まあサラリーマンをリタイした時に何が変わるのかなっていうのを次に考えたんですけれども、ええとま 1 つは会社を通したま人のつながりが減るっていうことが起きるだろうと。

あと会社を通して何かえー世の中の課題解決みたいのをしてしてるんだけれども、今はそういうものがなくなっていくんだろうということと。あと定期的な収入が減っていくっていうのが、ええとサラリーマンを止めていく上で変わっていくことかなっていう風に思っています。

で、まあ、 1 つ目の会社を通した人のつながりたところで言うと今すごくあの唯一繋がりっていうのが、その会社のえー。働き方の中で得られていて、まあ正直すごく楽しい状。今、あの 1 つの会社のまブランドを担当してるんですけども、そのブランドの精神も好きだし、ええとまそのブランドのことについて考えることってほとんど区ではないし。

まあ楽しんでできているし、良い仲間たちに恵まれているなというような状況です。逆にこうえっとこの 500 日後に離れてしまうとかって考えると、まあ寂しさえ感じてしまうようなえ状況なので、まあ意味、まあ良い状況なのかなという風に思っています。

で、えーと次に会社を通したえー。課題定期とかがあのサラリーマン、メッチャマートできなくなってくるというときことがありますよね。っていうことで確かにこう皿 2 枚当てて。まあいい部分として、あのー何か与えられる?

大きな課題みたいなものをみんなで 1 つの共通として持って、そのクイズをなんか皆で解いてる。まあなんかげゲームって言ったら変ですけども。あの僕の中ではこうサラリーマえープレイみたいな感じで、あのー 1 つの問いに対してみんなで戦ってるというか、あのーまゲームをやってるような感じでやってまして、これってマルシューあのわかりやすいゴールに向けてみんなでやってるっていうことの。

まあ、 1 つのあの安心感みたいなものがここで得られているのかなっていう風に思います。で、最後とも定期的な収入っていうのが得られるのがカサラリーマンのすごくメリットの 1 つなんですけども。

じゃあここにどういう風にあのー対応していくのかとか。まあ、言うことをあのどういう風に準備をしていけるのかってことなんですけどもあの。まあ基本的なこととしてまあなるべくまあ固定費あのま地味な話ですけども、ここで火を下げつつええといきいき – 生きていくというところで、あの本当にやりたいことができるのにコマールお金があれ困らない。

お金があればいいのかな?っていう風に思っていて、まあ何かこう自分がやりたいと思うことに対して、可能性がサバン狭まらなければいいなっていう風に思ってるんですけども、今のところ吹いたものは感じていないし、ま感じる。

気配も今のところはないというところで、じゃああのお金ってこうあればあるほど、何かこうチャンスが広がるものだと思っていって。マスクな過ぎるとセバムってしまうっていう言葉の表現の方がいいかもしれないですけども、あの何かこう新しいビジネスを始めたいええと思った時にお金がもっとあった方がいいということで、定期的収入とかでコツコツ溜めてった方がいいかなって思わなくもないんですけども、あのービジネスって同時に思うのはその本当に優れたビジネスであれば、その資金の調達の仕方ってま色々あるのかな?っていう風に思った。

あのこの 100 日間っていうか、この 12 年ぐらいで、そのコロナの中で銀行の方とかとお話をしてる中でえっとー感じたことでもあるんですけども、本当にすべてビジネスとやるとやる気と。まあ事業計画があればお金でこう。

借りることができるなっていう風に思っているので、その辺はあのあのーなんでしょう。無理に時間をいっぱい使って、お金をコツコツ貯めるってことに対してあでもいいかなという風に思っています。

はい、でええと。じゃあ今のペースで進んでった時に残り 600 日から 500 日になってきた時にええとどれくらい? あの自分があのー達成できてるのかってことと、今後あの 500 日で何をしていくのか、みたいなことを考えた時にえっとですね。

まず 1 つ目経済的自立っていう考え方から言うと、えっと自分のビジネスをしっかりと立ち上げていくってことをやっていかなければいけないなっていう風に思っています。でま、なるべく早い段階でこうトライアンドエラーをかけていって、あの初期費用もあの多少は多少かかってくるし、あの銀行の借入っていうのもあのーしていかなければいけないんですけども。

あのー早いところでえっと残り 500 日の早い段階でええ、自分のビジネスあのていうのを立ち上げていくってことをやっていきたいという風に思ってます。でえーこの自分のビジネスということ。言葉の対局に受託の仕事っていうのがあるんです。

けれども、受託っていうのはま 1 つは今会社員として収入を得てるんですけども、これも住宅だと思ってますし、あと個人事業主って通して受けていればコンサルティング、これがとても楽しんでやらせていただいてますし、あのー今後も続けていきたいと思ってるんですけどもえー。

こちらも住宅の仕事だと思っているし、あと最後にですね。もう 1 つ、あの共同経営ってことで、ええと 3 人で経営している会社があるんですけども、こちらもですね。あのうん、こちらの事業内容っていうのはまコンサルティングを受けていまして、ある会社のええと、これもあのあれにある意味とか自宅の仕事なのでうんとやってるんですけども、こういったあの自宅の仕事っていうのは何か大きな大きなテクか。

もうお客様がありきで、その方の課題解決をしていくというような仕事だと思うんですけども、それとは別で仲間として今後もやっていってるようにっていうところを質を上げていきたいなっていう風に思っていることが 1 つと、あとオンラインの方ですねに関して言うと問題の出会いってこれからどんどんどんどんもっともっとあの広がっていくとは思うんですけれども、あのーまあちょっと前の SNS とまた違った形でえっとネタバーストの世界だってとかこういったラジオもう僕の中。

ではもしかしたらこう SNS 的なあのつながりを生んでくれるものかなっていう風に思っています。っていうのはこの声の話配信って。まあ僕も菊川でいつも感じているのはまそのえー、誰かの発信っていうものを聞いた時に、まあすごく共感する場合、とま共感しない場合があった時にまあ共感する人とはなんかこうあって話をしてみたいなとか、あの会ったことなくても勝手に会ったことがあるような関係を感じて感じることができたりとかってことです。ごくあの人伝わるものだなっていう風に思っています。

でええと、今後私の発信の中でもこのスタンド FM にあの特化していきたいという風に思っています。で、あの他のえっとスタンド FM とあと今ポッドキャストえーで Spotify とかアンカー FM とかでもあのまあ Google Apple 等でもあの配信をさせてもらってるんですけどもええとぜひですね。

あの、まだこうスタンド FM のアプリを落としていらっしゃらない方がいらっしゃったら、えースタンド F の方からええとアプリを落としてまフォローで人かえーしていただきますと、あのこの更新のためにあの通知が届くようになるので、ええとそうしていただけるとありがたいかなっていう風に思っております。

はい、あとあの街並みにお願いなんですけども「いいね」とかあのーコメントとか頂けるとこう。自分がこう配信してる時ってすごく 1人でこうま孤独というかあってんのかな? みたいのがわからないってところであるので、なんかこう気軽な気持ちでそういったものもしていただけるとええとこ。

これも続けていけるかなっていう風に思っています。はい、ということと、あの最後にあのこのペースでいいのか?っていうところで、えっとー 45 歳になった時にやりたいことの 1 つとしてま移住がありまして、移住先としては今イメージしてるのは海外の中でまタイとかから行ってみたいなという風に思ってます。

移住といってもイメージ。まあ、 3 ヶ月とかえーま 1 ヶ月とか 3 ヶ月とかの中でまあ点々と済んでみるって感じで、 1 回住んだらまた日本に戻ってきてみたいなことを繰り返したいなと思ってるんですけども、えっと!

ま前にこうどっかええとま日本の中でテストしながらやっていけたらどうかなっていう風に思ってまして、今ってこう寺ワークをしながら、日本の国内であればあのーまいざとなれば戻ってくる。

あの東京の方に戻ってくることもできますし、あの時差がないのでええと何しよう。仕事上もあのーま不具合はないかな?っていう風に思ってまして、ええと国内のどこかですね。まええとま福岡とか北海道えーとかですね。

あの、沖縄えー、京都辺りえー、住むイメージができる町がそれぞれありますので、まその辺に。まあ例えば 1 週間とかええとそのもうちょっと伸ばしてなのか、少しずつそういったところにええと一時的に住んで、また東京都の 2 拠点生活とかをすることに対して、どんな重いとかが浮かんでくるのかま、東京を離れることで東京の良さとかって分かってくるもんだったりすると思うんで。

まあ、そのてこともあの準備としては進めていきたいなという風に思っています。はい、後ですね。あの、最後その移住ってところでやっぱりこのスタンド FM みたいなところえ、 Stand – FM が今あるところ媒体としたらいいという持ってるっていう話をさっきしたんですけども、あのどこにいてもこの話ができる発信ができるって、あのいうことがあのどこに住んでいても逆にあの繋げられる人とは繋がれるって、心の中で繋がれるっていうのを感じでるかなっていう風に思っています。

はい、正直にこの自分の中のことを話すのがこのラジオに向かってる時かなときだなってさ。最近思ってまして、ええとまなんとなく、その何時間も一緒にいて、あまりこう何でしょうね。深い話っていうか、自分の思いを伝えられない時がある場合もある、という関係のえー事っていうのもあると思うんですけどもええとそういったことではなくて、このラジオを通して自分の発信をすることでええとなんかどなたかにその自分の気持ちが伝わっていけばいいかなっていう風に思います。

しええと自分自身がまこれずっと思ってることなんですけども、未来の自分自身が過去を振り返った時に、こんなことを持ってたってことをしっかりとあの残していくっていう見ても、このスタンド FM は続けていきたいかなという風に思っております。

はいで、えっとま今日のお話はすいません。すごい自分の話ばっかりになってしまったので、あまりこれを聞いて役に立つとか。そういうことはええ全然なない。お話ではあったと思うんですけれどもええとサラリーマンを法律するまで 500 日えーというところを迎えてきまして、ええと重始めた時から今に向けて思い変わってきた思いの部分ま始めはそのよりこう。

ゴールゴールに近いようなイメージデー。残り 500 にしっていう 600 日っていうのを見ていたけれども、今その消してゴールではないというところをまっすぐ強く思っているというところと、まこの 100 日間でええと始めてきた。

ラジオを通して、えっとま繋がりというものが、あのー広がりをえー感じているっていうことを、自分の中でこの表現ということをええと続ける中で何でしょう。どこの場所に行ってもえっと誰かと繋がれる自分と繋がるかもしれないっていうところもあるんですけども、そういったようなあの気持ちのまあ安定みたいなところが得られそうな気もするっていうようなところと。

あと 100 日間、あの会社員アサラリーマンを続ける中で、逆にこうサラリーマン生活がまあまあ楽しいっていうのが今の状況なので、まこれ今後どういう風に落ち着いていくんだろう?っていうところを、あの自分の中であのうえっと見ている部分もあります。

というようなお話ですね。あと、スタンド FM を今力を入れてやっている中で、あのー自分自身をま正直に語るっていうこと。えー未チャレンジしてるっていう事とええとそうですね。最後移住ってところのえ、準備期間としてええと。

まあ 2 年後ぐらいにいきなりタイに行くっていうえータイとかですね。あの、どっかに移住するという前に、ちょっとずつ国内でええと複数のえー待ちをに進むみたいなことをテストしていきたいというように思っている。

現状あのー記録のえっとラジオの会にな – なってしまいました。けれどもはいええと今日はこの辺りまるっていう風に思っております。今日も聞きいただきありがとうございます。ええとスタンド FM 隠しポートキャスト Twitter ブログを発信しています。

ATC 45 で検索していただけるとえ出てくると思います。特にええいましたんで、 FM に集約していきたいと思ってますので、フォロウェアいいね」をしていただけるととても励みになります。では、また次回までお元気でお過ごしください。

では、おやすみなさい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP