INSTAGRAMと音声メディアの違いについて。

はい、えーこんにちは。 ATC 45 です。今日はインスタと音声コンテンツの違いということでお話をしていきたいと思います。皆さん、あの Instagram とかってやりますか? あの、ちょっとインスタ自体もあのま全盛期というよりかはちょっとピークを超えて、若干あの停滞方向に向かっているなんてことも言われてたりとか。

まあ、今 tiktok とかが結構あのま主流になってきているというか、まあ強くなってきてるっていうの話があったりとか、あのもちろんこのえっとラジオですね。音声コンテンツとかあのーですね。の力が強くなってきてるっていうの話もあるんですけども。

でも数えたらまだ Instagram っていうのが一番あの。まあ、あと Facebook ですよねが強いのかなっていう風に思っていて、そういったところと、あの音声コンテンツってどういうところが違うのかなっていう風に考えてみたんですけども、あのーま結構まあどういうところが違うのかという時に Instagram って、あのまあ場合ってよく言われてたと思うんですけども、あのラジオって全然バレさせることができないですよね?

あのインスタってなんかこう写真でパッと見せてええと。それがあのーまあなんですかね? モルみたいなあの感じで、あのその実際のその状態よりもなんかこう。よく見えるようにカメラであの工夫して撮ったりとか、あのカメラの写真の色を変えたいとか、あの角度とかですね。

あのすごく気にして、あの撮ることで実際よりもすごくよく見せるっていうのがインスタなのかなっていう風に思っててで、そのパッと見のそのあの目の奪われ方によってまあいいねの数とかが決まっていくのであのーなんでしょう。

ま要は一瞬見て、すごく良ければすぐいいネットをして、また次に行ってなんかこう何てすかね。 1 個 1 個のコンテスト、そんなによく見てないんじゃないかなっていう風に思います。

なので、あのバズるっていうか、数が圧倒的にこうわーってこう増えていくのは Instagram とかま Facebook とかあのとかもそうかもしれませんけどもあるのかなっていう風に思います。で、一方でだからラジオって全然バレないというか、あのーこうやってあの話をしていってる中で、あの全部話を聞かないとそれが良かったのかよくなかったのかっていう。

そのさえも判断ができないので、まタイトルだけ見てこうなんかこういいね」とかってする。なんか機能もなかったりする中で言うと、あのそういう風にこうひたすらこう。何かこうインスタみたいな形で、こうどんどんどんどんいいねが増えたりってことは基本はないのがラジオとか音声コンテンツの方なのかなっていう風に思います。

で、あのーさっき 1 体ね。インスタってこう盛れるんですけども、あのラジオは盛れない? キットと言った時にラジオってこうなんかこうありのままの自分がこうさらけ出されてしまうような感じなので、まインスタではその自分をなんかこう偽ってあの見せることができるけれども、あのラジオって居座ってみせることが極めて難しいというか、あの偽りって見せたい時にラジオやるってすごく不利なことなので、あのあまりその何でしょうね。

場合させたい人っていうのはラジオをやらないんじゃないかなっていう風にラジオとか温泉混雑やらないのかなっていう風に思います。で、またからどうした。その何の話なのかっていうか、こう目的がな – な – なんなのかっていうのを別に特にないんですけれども、あのーやっぱり一応そのさっき結構インスタとかでこういいねの数が増えればいいのかとか。

そういうなんか時代っていうのもなんかどんどんどんどん。まあ、違うんじゃかなっていう風にこうみんな思ってるのかなっていう風に思っていて、あのー僕自身もあの会社のこう商品のこう。マーケティングとかでま Instagram を使ったりとか、あのーまあそ – そこにおいてもまだ日本の中では Instagram ってすごくあのーまあ広告とかをえー投下するにおいても一番まだ使われてるコンテンツかとコンテンツがプラットフォームランと思うんですけども、なんかそれでいいんだろうか?

みたいなところについて、あの疑問を感じてきているま今日この頃というところです。勝ててこうまだその商売的に考えると、ラジオは流入数が少なすぎるので、まだあとはそのなんかこうターゲティングとかすごい難しいと思うんですよね。

そのえー、あのアルゴリズムとかがよくまだ整備されてないのがラジオとかポッドキャストの方なので、まだそのマーケティング上使われていないんだけれども、本当はそのラジオの中で繋がってる。そのコミュニティとかコミュニティとか趣味性とかってすご 5。

あのー、ここのあの特徴が出るものなので、本来的にはあのそういったあのなんでしょうね。その人々をあのこう、こういうこの人はこういう人だっていうのを判断するのに、あのラジオのその思考度とかってすごく参考になるとは思うんですけども、なかなかさっき言ったりこうバズったりできないものなので、あの商売系から外れていくっていうところが逆に言うとあのいいと言うかなんでしょうね。

自分がその商売の一部ではないっていうような安心感みたいなところも含めてあのー良さとして感じて、あの自分もこのなんでしょうね。あの音声配信をしてたりするっていうことがありますで、ちょっと話が変わって、あのメールとあの会話の違いみたいな話があるじゃないですか。

あのよくメールでこう。何回も往復して説明するよりもあの話をしてしちゃった方が早いよ。とか、まあのていう話ってよくあるじゃないですか。あのメールだとこうメールでそんなに言ってるの?って、あのあまり良くないんじゃないかみたいな話があると思うんですけども、それってちょっと何なのかなってちょっと考えた時にあのーメールって基本的にはこう。

文章書いて一方通行にその場ではなりやすいとで会話ってなんか話をしながらも、その相手の反応を見ながら会話をしていくので、ちょっと分かってなさそうだな。と思ったらどんどんどん付け加えて説明をできるし、逆にもう既に分かってる。

うんってことだったら説明は端折っていいですか? 良くないですか? みたいな感じの端折ってこうすぐ結論に行けるかもしれなかったりとか。双方双方向性みたいのがあった時にあ、メールよりも会話の方が効率的っていうのはえーあるかもしれないのと、あとはあのもう 1 個持ったらその感情の起伏みたいのも、やっぱ文字よりもわ。

もちろん、その声とかその顔の表情とかえーで分かりやすいことがあるのかなっていう風に思います。あのそうですね。あのー、まあ一番情報が多いのはもちろんそのメント向かってあって、あの顔の表情待って身分に回りながら何かコミュニケーション取ることだと思うんですけども。

まあその次にまあ電話あのテレビ電話っていうからなんですかね? そのズームとかチームとか使ったものがあって、次にこう電話とかがあってま最後は文字要素だけっていうのがあるんですけども、例えばそのメール慣れてるをしてて、あの例えばあのー了解です。

まる」って書いてあった時になんかその前まで結構メールのやり取りをしてたのに何かこう了解です。まる」って書いてあったら、えこれ怒ってんのかな? みたいな。なんか感じになったりしますよね。

こうね。何何か悪いことしたかな? こっちがみたいな風に思うと思うんですけども、それがもしわかんないけど、あのー電話とかあのえっと何ですかね? ズームとかで話をしててあ了解です。

みたいな感じであのすごい急いでるな。ちょっと急いでるんで了解です。みたいな感じで言ってたら、あ次急いでるのね。みたいな感じであの了解ですね。そのアナなんかこう怒ってるっていうのもわからないと思うんですけども、あのメールとかでも了解です。

ビックリマーク 2 つで顔顔の笑顔とか付いてたら全然表情なんですかね? 受け取る感覚違うと思うんですけども、あのー意図しないそのなんですかね? 冷たさみたいなのが伝わる可能性があるのがあのメールとか。

まあ文字だけでせ。あの伝えた時のあのーことかな?っていう風に思います。ということで、あのー今日の話なんですけども。あの元々はそのインスタと音声コンテンツの違いということで、あのーインスタは場合とかも持ったりとかま嘘をつきつけたりするっていうのがある。

一方で音声コンテンツっていうのはバレないし、あのーなんですかね。嘘もつけないし、ありのままの自分が見えてしまうところが逆に良さであり、あのーだからこそ何でしょうね。あのま商売ってのある所と、また外れたその自分自身の生き方とか、自分自身のあのー応援したいこととか人とかっていうのがはっきりとあのわかってくるっていう意味で、まあ音声コンテンツ」ってすごい。

いいのかな?っていう風に思っているというようなあのことを感じたので収録してみました。はい、ということで、あの今日は以上です。はい、えー。では皆さん。次回までお元気で!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP