オフラインが伝える、感情の厚み。

はい、えーこんにちは。 ATC 45 です。今日はオフラインのいいところということでお話をしていきたいと思います。今更通ってことだと思うんですけども、あのええとオンラインでヘビ仕事をしていて久しく経ちましたよね。

」とでええと 2 年ぐらい盛本枠をやってきて、あのオンラインの方の仕事の進め方にもだいぶ慣れてきて、えっとオンラインの中でもそのアイディア出しをしたいとか、色々ブレストしたりとかってことにも慣れてきてるし、あのオンラインでこのままずっといけるんじゃないか。

仕事はなんてこと思っていました。で時にあの今日ですね。あの、オフラインのあのーまミーティングと言うか、ま人にあいあってお話をするという機会があの 2 回ありまして、 2 回とか 2 つのあのミーティングまミーティングというか、あの 2 つ 2人と 1人ずつ 2 回話した別の人と話したってことなんですけどもまその時にあの 2 回ともすごくあ。

これってオンラインだったら生まれなかったなっていう感情だったりと、かまビジネスの可能性だったりみたいなことが見えたので、あこれ今日はオンラインでお会いして良かったなって思いました。で、あのーじゃあそのオフラインはあオンラインはだめかとかそういうことを言いたいわけではないんですけども。

なんかオフラインとオンラインて何が違うのかな?ってことで何をきっかけに思ったのかな? 何をかポイントなのかなってことなんですけども。あの、おそらくその将来的にはもちろんどんどんどんどんでのコミュニケーションがオフラインで話してる時のように近いような形になってくるのかなっていう風に思います。

で、その技術があの完全にほぼリアルにあのメント向かって合ってる時と同じレベルで、あのオンラインでもその感じれるようになればええと。普通に考えれば今と同じような今取ってごめんなさい。ええとオフラインと完全に同じな同じオンラインでの体験ができれば、あのそこはじゃあオンラインをフライも一緒じゃないかというような話になるとは思いますで、その情報量をどこのタイミングで完全に同レベルまで引き上げられるかってことかとは思っていて、あの情報料っていうのはあのもちろん豆に見えている資格上の不自然さっていうのが多分一番。

これが初めにあのできるようになりそうな気もするんですけども。あと音声もかなり、あの近い形であのー音は聞こえるところはできるような気がしますとでま映画館とかでそのなんかサラウンドシステムとか。

まあすごい進化してるし、イヤホンとか。でもあの 3 D オーディオとかどんどんどんどんあの Netflix が対応したり、 Amazon でも対応したりとか、あのーあのデバイス側でもええとエアポートプロが対応してたりとかまソニーのえー。

僕はまったりや本なんかも対応してたり、みたいな形であ来てるかなと。じゃあ次には香りとかですよね。匂いとか、あとは触覚はかなり難しいところにあるかなという風に思います。

っていま 1番難しいのは触覚なんですかね。あのなんか匂いは色々匂いを発生させるデバイスとかってある。し、えっとー。まあ同じ全く同じ匂いっていうのもなんかできそうな気もする。全く同じはできないけれども、人の嗅覚のレベル感で言えばまあいる?

とか。って、もっとあの嗅覚する通りで犬のレベルだったら難しいかもしれないけど、人間が欠けるレベルとかだったら、まあまあ行けそうな感じがするけれども、触覚ってすごい敏感というか、すごいサードを見極めるかなっていう風に思っていて、あのザラザラとサラサラとなんかベタベタの差みたいので、すごい微妙なさじゃないですか?

なんかこう? 机の上をこう指を走らせるとして、そこの上にある紙の材質がちょっと違っただけで、もう髪の厚さがちょっと違っただけで、もう人って見極めるこ。見極めるとかこう触り分ける。あのさ差を理解できるぐらいいい触覚って敏感なものでそれがそのなんでしょう。

その会話とかを通じてその波動的なというか何でしょうねく空気が触れてるってこともま触覚で感じてるものと思うので、その辺の微妙な感覚みたいなところまでを再現していくっていうのが、まいつの段階でできるのかってところがあのー一番最後になるかなっていう風に思っていて、まそれが完全にこうなるでしょう。

騙せているというか、あのー再現できてるのがマトリックスの世界だと思うんですけども、あれぐらいにマリアとあのまあリアというか、オンラインとオフラインのええと感覚が同レベルで感じでいるようになれば恐れってもという風な形で会っててもほぼ同じ体型になるんじゃないかなっていう風に思います。

で、あのそこになるまでは今のそのさっきの今日のオフラインでそのリアルにコメント向かった時に入ってくるこう。圧倒的圧倒的な情報量。あのーが今そのデジタルでは再現できていないえー。ところと比べてあのーやっぱすごく人間って天才なところとかを拾って自分の感情って揺れるんだなってことをかん感じました。

で、あのーまあそれによってなんかこう 1 番はその心が動くっていうんですかね。そのモチベーションが自分の中であのー前に前に進んで行ってあもっとこういうこと話したいとか、あの何かこの人を応援したいとか。

あとは場合によってはビジネスとかでもなんかこうチャレンジしてみたいな。一緒にやってみたいなって思うとか、そういう自分の気持ちを動かすという時に、今やっぱオフラインであの一緒に会ったりして話をするってことが一番いいのかなっていう風に思ったということです。

はい、ということで、あの今日はオフラインの良い所ということで話をしてきたんですけども、まかと言ってそのオンラインのあのオンラインはやめてオフラインでずってやってこうのは全然持ってなくて、あのーできる限り何でしょう?

オンラインで効率化をしながら、えっとどこにいても仕事ができるとか移動ができ、移動した場所でえっとスキニーあの時間を過ごしたいっていうことを思いながら、あのでも重要な曲名、自分がその心を込めたり、魂を込めたい場面ではリアルにちゃんとあって話をしたりするのって大事だなっていう風に思ったということをお話しする会でした。

ではまた次回まで皆さんお元気でお過ごし下さい。ではさよなら。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP