2022の過ごし方について、マインド面と到達地点に分けて考える

皆さんこんばんは。ATC 45 です。今日は 2022 年 2 回目のえっと収録になるんですけれども、ええと 1 月 2 日までですね。実家にいてその後ちょっと旅行に行ってきまして。えっと静岡と浜松静岡県の静岡市と浜松市に行ってきたんですけども、えっと意外とですね。

初めてあの降りて色々と過ごしてみたっていう感じです。あのし、静岡はですね。伊豆とか熱海とかはえっと?あと、掛川はよく行く機会があったんですけども、静岡市とか浜松市って言ったことがなかったので、あのー年始を言ってみようと思い立ちまして行ってきました。

あの富士山がすごく僕は好きで、あのうちの母親とかも富士山みんなすごい好きなんですけども、なんかこう見ると気持ちがなんかクリアになるっていうか、本当に大きいなともしこう。左右対称で綺麗な形だなと思うし、お天気も良くてあのー新幹線から見ただけではあったんですけれども、あの近くで富士山みたのはすごくあの良いあの気持ちになりました。

で、ええと今日のまテーマなんですけども、2022 年のま過ごし方ということで、まこれは自分自身のお話ですね。あの、どんな風に過ごしていきたいかっていうことを考えたので、あのーま自分自身が忘れないためにもあの取ってみたいなという風に思いました。

でええと考える時にあの 2 つのええと方向で考えたんですけども、1 つはマインドセットですね。で、もう 1 つがえっと到達地点目標みたいな形で考えました。要はそのマインドというその考え方の部分とあの到達地点の目標っていうのはちょっと分けて考えた方がいいんじゃないかなっていう思う理由があの結構目標ってあのー結構なりがち。

自分の自分がなりがちだったのが、今年はこれを頑張ろうとかええとこんな風に取り組、もう何かに取り組もうとかっていうのはですね。あのーあるしえーとでもその一方でそのうん。なんかそれって頑張ろうて。何がのかなりとかっていう評価が難しかったりとかするなんかでえっと。

まあそういうのはそのマインドセットっていうか、あのの方に入れていって、えっと到達地点の方にはええと。まあ何ができたらそれは目標達成みたいな感じで分けて考えてみようってことでやってみました。

でええとマインドの方に関して言うと、えっと 1 つ考え方としては体験にま投資を惜しまないということが 1 つ。この体験に投資っていう意味はそしてのはお金もそうですし、時間もそうだと思うんですけれども、あの新しい何か体験ってある時に色々迷ったりすると思うんですよね。

これお金がかかるからとかこれ時間かかるからってことでただ。まあそれってあの何かやりたいと思った時点ですごいチャンスだと思うのでえ。それを今までやったことがなくて、何か新しいことであるばま積極的にチャレンジしてくっていう気持ちでいきたいなっていう風に思ってるとえーで、もう 1 つがあのえー締め切りを決めつつ、淡々と積み上げるっていうこと考え方なんですけども。

あのこれ前の収録の時に 1 回取ったことがあるんですけども、あのー締め切りよ。自分で設定していつまでにやろうっていう風にまあ決めるのが大事なのかなっていう風に思って、えっと自分自身で締め切りを決めようということと。

あと決めた後っていうのはあの結構淡々と積み上げる作業ってすごい必要なのかなっていう風に思っていて、あの決めることだけを毎日やってても一生片足にならないので、やっぱり実際に行動に移すってことがすごく大事かなっていう風に思います。

で、行動って結構あの一歩一歩に落としくていくと結構地味なこととかもあると思うんですけども、その淡々と積み上げるっていう考え方も大事なのかなっていう風に思っています。

なのでそのタトゥうまくいかなくても、またトライすればいいんじゃないかってことで迷ったらやるやるっていうのがその 3 つ目のえっとマインドになります。はい。で、もう 1 つ。あの到達視点というか具体的な目標えーについても 3 点考えまして。

ま 1 つは新規事業系のことでもう 1 つがええとメタ VS 世界での活動で 3 つ目があのこのようなラジオとかの発信についてですね。で、1 つ目の新規事業については、あのええとこれかずとしては 1 つ立ち上げたいという風に考えています。

えっと具体的に既に考えている内容がありまして、あの大体抗争としては 8 割 8 割 9 割ぐらいはできてきてるんですけども、あとは具体的にそれこそ形にしていくために淡々と積み上げていくっていうのがあの必要なところです。

で、最終的に 1 最後に積み上げる所っていうのが、あのーま商売系のことをやろうとしてるので、その物件を決めるだったりとか。あとお金を取ってくるというか、そのと撮ってくるというのはその何でしょう?

融資を組む 」ってことだったりとか、ビジネスブランドに落としてビジネスプラン自体は今ほとんどできてます。というようなところなので、あのーあとはまあやるだけでも最後のってところは難しいんですけれども、あの 8 割ぐらいできてるものを最後の 2 割つつめていくっていうこと、淡々と積み上げていくっていうことをやっていく 1 つ目ですね。

新規事業の 1 つ立ち上げでした。でえー 2 つ目がそのメタバースせ、メタバース世界での活動ってことなんですけどもええとこれメタバースの世界の話もかなりかなり前っていうか、去年もずっとあの注目はしているものの、まだええと具体的にあの活動できてないところですので、ま今年あのー形にしていきたいなという思う。

ところで、じゃあ何をするかっていうときにえー 1 つはまネタバス空間での土地の保有、第 1 箇所以上まだメタバスクーガンで土地の方いって何であっていうことで意味がわからないって場合もあるかもしれないんですけど、その辺はまた詳しく土地の保留をした時にお話をしたいと思います。

で、次にえーメタ版世界と関連してたんですけども nft の資産購入。これは 1 つ以上ってことで。まあ、資産購はまあ値段を気にしなければ 1 つ以上は必ずできると思うんですけども、あの今 nft に関して言うと、その仮想通貨のメタマスクっていうま覚えてを作るところまでやってるんですけども、あの資産の実際の購入って購入ってところまで行けてないので、あの 1 つ以上のエネルテに資産購入ま、この辺りはできますでしょう?

といやまあやればできると思います。で、最後に nft のその提供側として、ま 1 水上のコンテンツをえー作っていくとあのーアートですね。ま、基本的にはデジタルアートをあの一緒にえっとま仲間のクリエイターの人と作ってえ、それをま提案していきたいなっていう風に思っていてええと。

まあそれもですね。やっていきたいなという風に思ってます。で、あのこれはそれぞれその 1 個以上とか 1 回以上挑戦するってこと。自体がハードルになってるので、まず出してみて。それがこう成功するか失敗するかとかっていうのはまだわからないっていうのが。

まあ正直なところであの nft の世界って結構そうだと思うんですね。まだあのー市場言うか、あのー希望は大きくなってるけれども、今後どうなるかってわからないところが、まあ多分にあるところで、まあ賛否両論というか、あの株式市場のようになんでしょう。

あのう、絶対的にほぼ間違いなく、これからえと年利。何 % で上がっていくことが予想されるみたいなことはええと分からないと言われている世界なんですけどもま始めの一方あの今年踏み出しておっぽくってことはます。でにちょっと遅いなと思ってしまってるんですけども、あのーま日本の中では全然襲いたこともないですし、えっとーなんでしょう。

そういうこと、実行に移してええと 1 本目を踏み出してこと自体を年の前半の方でやっていきたいなという風に思っています。はい、でええと到達地点の目標のですね。3 つ目があのラジオこの辺ですね。

発信ですね。橋の回数に関しては、ええと週のに週 2 回ということを目標にしていきええとそうするとですね。年に 105 回ですね。あの年間にしゅ何週間あるかってちょっとよくわかってなかったんですけどもま計算すれば普通に分かるんですけども 5。2 週間あるんですね。

とまあ当たり前なんですけどもで 5。2 週間あって週に 2 回だと 10。5 回ということで 105 回ってあの結構まあ週に 2 回ってできそうだなと思うんですけども、おそらくあの今年が終わる時に 10。5 回できたっていうことを言えれば、あのーそうですね。

105 回収 6 するって結構あのーま手間手間そ – そこまです。ごい手間が変わるわけではないけれども、あのこの何を発信しようかと考えること。自体はすごく自分の勉強にもなるって。あのー、去年ですね。2021 年に発信した 1 つのコンテストしてもあったように、自分自身の勉強にな – にもなるので、あのこの発信っていうものは定期的に続けていきたいという風に考えています。

ということで、あの目標が以上 3 つでした。はい、ええとまとめると 2022 年の過ごし方っていうことで、マインドと到達地点目標と分けて考えますよとマエダの方に着きましては、ええと体験に投資を進まないっていうところと、まあ迷ったらやるっていうところですね。

ま人生 1度だけなので、ってこととあと締め切りを決めつつ、淡々と積み上げていって、実際の実際に行動に起こす落としていくってことを、あのーまキモに命じていきたいというのがマインドの部分でもう 1 つが到達地点につきましては、新規事業とか 1 つ立ち上げるということと、あとネタバース世界での活動ですね。

ま、土地の保有と nft の資産購入。それからエネルティは試算あの FT の示唆の提供側としても活動したいとで、これはそれぞれ 1 回以上、あのやっていくということをまずエントリーするということを、あの最大のかつ最短のステップとして落としていくとそうですね。

いつまでにというところなんですけどもええとま少なくとも 2 月末ぐらいまでにはえー実行したいなという風に思ってます。はいで、3 つ目がラジオの発進につきました。週 2 回ってことで、年間で 10。5 回というようなことを目指していきたいという風に思っています。

はい、ええと今日はですね。以上で、あのー、私自身の目標というか今年の過ごし方でしたので、あのどこまで 3 個になるか皆さん分からないですけれども、あの皆さんもですね。何か今年こんなことやりたいなってこと、あのーマインドメント到達地点というところから考えていただくと良いのかなっていう風に思いました。

はい、ではあのまた次回までお元気で。はい。ではバイバイ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP