お金は使わないと意味がないという話

はい、えーこんばんは。ATC 45 です。寒いですね。本当に寒いなと思ってまして、今日外出た時にひたすら寒いと言いながらあのコートを着てました。コート着てました。とか、コートから風邪を防ぐの防ぎながらある人なんですけどもそうですね。

なんか寒いとなんかこう話がなんかこうするのにもなんか緊張感が出てくるっていうか不思議ですよね。なんかやっぱり気持ちと心って気持ちと体か気持ちと体って連動してるなっていう風に思います。

でですね。今日はあの何の話をしようかと思いますと、そのお金の大事な使い方っていうところですね。お話したいと思います。で、このお話っていうのがネット今日もあるかだとお話をしていて、まあ、その後 YouTube とかでも見てたんですけども、あの大ウィズゼロって言うですね。

あの本がありまして、あのーまあ日本語にすると 0 で死にましょう。みたいな感じなんですけども、その本がありましてまその内容についてお話をしてました。でええとまこの本の話をざっくりと言いますと、お金は使い切って死にましょうというようなことでええとま例としてアリとキリギリスの話が出てくるんです。

けれども何かっていうとこまありさんとギリギリスさんがいた時にまありさんはこう一生懸命働いてあのう何でしょう?季節問わず働いてここコツ、コツコツコツ、あのう何か仕事をしてたっていう話でまキリギリスはあの好き勝手なんかこう何でしたっけ?

あれなんか確か音楽を弾いたりとか色々遊んだりしてたら、まあ最終的に上の季節がやってきて、冬とかに上で死んじゃうみたいな話だったんですよね。で、あのーで負けその話の中で何が言いたいかって言うと、じゃあアリさんはいつ楽しんだり遊んだりしてるんですか?

みたいな問いかけがあった時にえっとーでそのコツコツま生きれたかもしれないけど、それでいいんでしょうか?みたいな何のために生きてるんでしょうかえ。キリギリスさんはキリギリスさんで、まあ楽しい思い出とかがあってよかったんじゃないでしょうか。

みたいな話がありました。で、なんか僕すごい人の話ってその何でしょう?あの同意というか賛成する部分があってちょっとなんか思い出したのがこう。小学校ん時になんか進研ゼミみたいなやってて、進研ゼミに投稿するコーナーみたいのがあったんですよね。

で、投稿コーナーみたいので、小学校、何年生 4 年生ぐらいだったと思うんですけども。あの僕はその時ウサギとカメの話がおかしいみたいな投稿をしたのが、その投稿があの真剣ゼミの一番後ろのところにのなんか載ってたっていう話なんですけどもあのー、えっとウサギとカメの話もそうなんですけど、なんかこう?

あれってウサギさんが先になんか遊びながらぴょんぴょんぴょんぴょん跳ねてってえー。なんかちょっと疲れたから昨日陰でね。寝てる寝てる間にコツコツコツコツ進んできた。亀さんがあのーに抜かされて、最後神さん、神さんが勝ったって話なんですけども、あの僕は書いたのはあの亀さんめちゃくがあのーあくどいですよね。

みたいな話をしたんですね。なんかえっとていうのがうさぎがあのー機能ところで寝てるのをためさんは見ながらシメシメみたいな感じで、あの無視して進んでいくわけですよね。あの、それなんか起こしてなんか一緒に行こうとかそういう話はなかったのか?

みたいなあのじゃあどっちが正しいんでしょうか?みたいな話だと思うんですけれども、あのーもちろん、うさぎさんもなんかこう悪気あってというか言うわけじゃないと思ってます。その時その時は楽しみなら生きてたらあのーちょっとしたつまずきがあって、あのコツコツ進んできた。

亀さんに負けちゃったみたいな話だと思うんですけども。なんかそのところで。じゃあ、カメさんはその何が楽しんだろうか?みたいなあのーことだと思うんですよね。でええと、もちろんこれいい悪いの話ではないし、あの亀さんタイプで行くのが悪いみたいなことを言いたいわけじゃないんですけど、なんかこう?

今の世の中ってなんかそういう余白的なええと楽しさみたいなところが魔法化されてる時代なので、そういったこう。昔話みたいなものっていうのも、あの今後変わっていくのかな?なんて風に思いました。

多分あれはあの昔こう上とかでなくなる方が多かった時代にあの蓄えをしてないと本当にこうギリギリスさんみたく、あの飢え死にしてしまうっていう時代にはあの成り立ったお話だと思うんですけども、今ってなんか真逆なような気がしました。

はいであの大仏 0 の話に戻ると、あのそこでもう 1 個出てるのがあの 0 で死ねって言ってもいつ死ぬかわからないんだから、あのー、ほんなら考えらんないじゃん。っていうような問いがあって、僕もそういう風に思ったんですけども、この作品の中で書いてあるのはええと 1番長く生きる年齢とかを仮にでも設定して、そこから逆算で考えればいいみたいなこと書いてあって、あのちょっとま参考になったんですけども、例えば僕は結構まあ欲張りな人なので、ま例えば 100 歳ぐらいまで生きるっていう風に考えましたで。

まあ 100 歳から逆算して今何歳だからあのあと何年生きるみたいな話があってで。まあその先の中でも書いてあるんですけどもやっぱりこう今使える。今 43 歳なんですけども今使える金額が例えばじゃあええと 50万円使いましょう 」って言った時に今 50万円使っ楽しめるえー。

使う力ってええと 90 歳とか 100 歳で 50万円を使った時の使える力っていうか、楽しむ力っていうのは圧倒的に違うだろう。っていうことをが確かにあるかなっていう風に思いました。

で要するにあの使え、楽しんでお金を使えるうちにいっぱい使っていった方が最終的には思い出とか経験が残っていくので、あのー後悔しないっていうような話なのかなっていう風にま理解しました。

でですね。あのもう 1 個、あのこの話の中でおもし話というか、えっとーま一連のこの本の話の中で面白いなと思ってるのが、あのこの著者の方ですよね?で、調書の方、どんな人がこういうことを考えて書いたのかな?っていう時にあの調べて意外だったんですけども、意外とこうバリバリのあの人だったっていうことでバリバリっていうのは何かって言うと、その名前はビルパーキンスさんって方らしいんですけども、この方があのーアメリカ人の方であのアメリカのそのバージン諸島って。

ところでコンサルティング会社を持ってる人です。と、まあ要するにバージン諸島ってあのえっと税金とかをあのーま 0 にできるのかなっていうことでますごく説明メリットがあるので、そこであの起業されてる方だと思うんですけども、この人があのウォルトストリートで働いたのにエネルギー分野のトレーダーとして成功を収めて、その後ヘッジファンドマネージャーをやりえー。

ハリウッド、映画、プロデューサーをやり、ポーカー、プレイヤーなど様々なえっと活躍の場を広げてる人が書いた本がこの大ゼロていう本だったってことで、あのーおそらく自分でもすごくあの意識というか考えることが多い人なんだろうなっていう風に思いました。

要はお金自分がこんな稼いで何なのみたいな何のためにお金稼いでるんだろう。ってことをあの稼ぎが活性げば稼ぐほど感じた方なのかなっていう風に思いました。で、まあ、最終的にはもう 0 で死ぬのがいいんだから、ま使うってことに時間を時間を使おうよっていうことなのかなっていう風に思いました。

で、この方が 1969 年生まれってことなので、ええと 54 歳とかですかね。なので、まあまさにその 54 歳のその方が今すごく感じてることを本人残したのかなっていう風に思いました。はい、ということでですね。

あの今日はあのーま 0 で死ね 」っていう本についてお話をしてきたんですけれども、えっと。まあお金っていうのはあのー楽しく使えるうちに使った方がいいんじゃないですか?っていうことをあの僕はまあその通りだなっていう風に思ったっていうことと。

まあじょじゃあいつまでもあのいつ死ぬかわからない中で、いつぐらいを考えるべきかって言った時に、まあ寿命で一番長い所っていうのを考えて逆算してきていいんじゃないでしょうか。みたいなことで、あのーベストで要するにお金って稼げるっていうことも大事だけども、使うってことの方がもっと大事で。

ただもお金って持ってるだけだと意味がないから、あのー、その人自身のあの幸せっていうところに繋げるために経験とか思い出っていうのを作っていきましょう。というような提案の分だったかなっていう風に思います。

はい、ということで、今日は以上で終わりたいと思います。ではまた。バイバーイ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP